So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク
-| 2015年09月 |2015年10月 ブログトップ

精神不安定な日に日経を読む [精神不安定]

情緒不安定な日に、落ち着くために新聞を読みました。
新聞の香り、落ち着きませんか?

それでは今日の5記事を。
9月30日付の日経新聞より投稿します。

【時価総額1400兆円減 世界で株安中国不安が影】  1面
中国の景気減速の悪影響が精神国には休止、業績悪化に見舞われる資源関連企業が日米欧で相次いでいる。世界の株価総額は五月末から1400兆円減。

中国経済の減速がここまで世界に影響を及ぼすとは。VWの排ガス不正問題など経済に打撃を与えるニュースが多い。

【NECの映像監視ソリューション】(広告) 8面
アルゼンチンのある都市で約1000第のカメラで街中を撮影し、人やモノの動きをリアルタイムに把握分析して即座に警察へ通報するシステムがNECにより提供されている。

顔や自動車番号までが認識され、保存されていくようだ。それらの情報はどこへ流れていくのか。ジョージ・オーウェルの「1984年」のような社会にならない事を望む。

【取引仲介、中立的視点で】 23面
個人に資産形成の提案をする独立系金融アドバイザー(IFA)の活用が広がってきている。

IFAは証券会社から仲介手数料をもらっている状態で、本当に中立的といえるのか。仲介料を釣り上げられれば特定の証券会社に肩入れすることは想像に難くない。

【卒業まで 大切に】38面
ドラゴン桜で有名なマンガ家の三田さん他が、就活生に考えてほしいこととして、就職に対する投資意識を持つこと等を挙げた。

他には、一人旅をすることや本を読む事が挙げられていた。就職や人生に特別なテクニックなどはなく、良く言われていることを愚直に続けていくことが大切なのだと思った。

【人材を自社で抱え込む自前主義から脱却を】 28面
人材や雇用はとても重要なものだが、それを硬直化させるのではなく、人材の質も見極めながら雇用体系を変えていく必要があるのではないかという提言。

フリーランスという生き方が最近では増えてきている。学生時代に自分のやりたいことを明確に打ち出せる人は少ないし、新卒一括採用という枠に捕らわれなければ、ゆっくりと将来について考える時間ができ、「三年三割」といった現状も変わっていくのかもしれない。


最後までお読みいただきありがとうございました。

寒くなってきて風邪気味ですが、しっかりと体調管理をしていきたいと思います。

それでは。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

今日は読売新聞から・・・日経新聞さん浮気してごめんなさい。 [日経新聞]

本日は、日経新聞も読みましたが、9月29日付けの読売新聞から投稿したいと思います。
(今日は読売新聞から・・・日経新聞さん浮気してごめんなさい。)

たまには比較読みも大事でしょ(ひらきなおり)

【東京五輪で野球・ソフト 追加5協議提案へ】 1面
東京五輪組織委員会は、開催都市が提案できる追加種目について野球・ソフトボール・空手・ローラースポーツ・スポーツクライミング・サーフィンの御競技18種目の提案をIOCに行う事に決めた。

開催都市が提案できるのなら、世界的な普及度にもよるが、もっと日本的なもの(剣道など)を押し出していってもよかったのではないかと思う。認められなくても、ニュースを見た外国人が日本の文化に興味を持ってくれるきっかけになるのではないか。

【本 直接仕入れ拡大へ 春樹本取り組み好評】 8面
紀伊国屋書店は、取次会社を解す従来の取引方法を改め、出版社方の本の直接仕入れの拡大に乗り出す方針。

出版市場は縮小が続くが、EC化率は高まっている。リアルで出店をしている書店が、ネット書店に対抗するには、紀伊国屋書店のような新たな取り組みが必要だ。ネット事業への取り組みも並行して行うとより効果が上がるだろう。

【自転車道は「走りにくい?」】 27面
自転車道があっても、歩行者や車が侵入してくるため、自転車道での安全な走行ができないと問題になっている。

歩行者が自転車道を歩道だと思って通行したり、車が自転車道に駐車するのは、見やすい標識を作ったり、自動車通行帯と自転車道とを区切る柵を設けることで在る程度対処可能だと思われる。

【就活解禁日 繰り上げ検討】38面

選考解禁日を昨年より四ヶ月繰り下げて大学四年の8月1日に改めたが、選考を抜け駆けする動きが相次ぎ帰って就活の長期化を招いたため解禁日の繰り上げが予定されている。

また、従来の就活解禁日に戻すようだ。このようなドタバタがあると、企業も学生もマッチングという一番重要なところに注力できなくなる。現在の大学は「就職予備校」だと感じることも多いため、就活の解禁日を撤廃しても良いのではないかと思う。

【東京株、終値も1万7000円割れ…8か月ぶり】 読売新聞 ネット記事
29日の東京株式市場で、日経平均株価(225種)の終値は、前日比714円27銭安の1万6930円84銭だった。

このままいけば、日経平均は10月中にも1万6500円を付け、昨年10月31日の追加の金融緩和以降の株高を全てはき出すことになるだろうけれど、上がってほしいと思う。何があるかはわからない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

#日経新聞より ~面白い!!と思った五記事を~ 2015・9月28日 [日経新聞]

今日の日経からです。

いつも面白い記事ありがとうございます(*´ω`)
日経に就職したいなぁ。

それではスタート↓

【事業承継に思わぬ壁】税金考 1面
国税庁の作る非上場株の価格の計算方法と一月の相続税の引き上げが相まり、事業承継時にかかる税金の額が莫大なものとなっている。事業継続をあきらめる企業も。

明らかな脱税行為などをしておらず、税金を収めるために資金を捻出している場合、そういった事実を考慮して、柔軟な対応はできないのか。企業をつぶすまで税金の取り立てをするのも考え物だ。税金を取る側にしても継続的に税収が入ってきた方が良いと思うのだが。

【サイバー攻撃対策 専門人材を公表へ】3面
経済産業省は2016年秋にも情報セキュリティ国家資格を持つ専門人材を追試験などで増員する見通しだ。さらに、「情報セキュリティスぺシャリスト試験」の合格者のうち講習を受けた者を公表して、そういった人材を企業が採りやすくする。

この試験に合格している人が6万5千人もいたことにまず驚いた。情報を守ることの重要性は、今後ますます高まるだろう。しかし、急造の「スペシャリスト」をたくさん養成しても情報を保護できるかは疑問である。

【契約内容 家族に通知 保険金請求漏れ防ぐ】 5面
大手生命保険各社が契約者の家族にも契約内容を伝える取り組みを充実させ、保険金の請求漏れを防ごうとしている。

通知することで、保険会社としては損をする場合もあるのに、この様な取り組みをしていることは素晴らしいと感じる。ただ、事前に登録した人のみへのサービスなので、このサービス自体の周知が必要だと思った。特に高齢者はネットから情報を得ることが少ないので、戸別訪問をしていく必要があるだろう。

【地域金融 疾病保障、拡充競争に拍車】 5面
地方銀行で個人向けローンにつける疾病保障を手厚くする競争に拍車がかかってきた。教育ローンに癌保障もつけるなど、ユニークな例が多くある。

銀行も他行との差別化を図っていかないと厳しい状況になってきているのだと感じた。長野県の八十二銀行では高齢者宅を訪ねて異変がないかなどの確認を行っているようだが、このようなソフト面の取り組みでの差別化も重要になるだろう。


お読みいただきありがとうございます。

私はこう思ったよーって方は気軽にコメントしてくださいね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

日経新聞から 9/27の記事より [日経新聞]

【登記情報など一括入手 企業マイナンバー活用】 1面
政府は、2017年から企業版マイナンバーを活用し登記事項証明書などの企業情報をネットで一括で入手できるようにする方針である

 今までは司法書士が企業の登記情報などの取得代行をしていたが、これを受けて業務がもっと減っていくだろう。九月に司法書士のOJTに参加させていただいたが、人口減少により登記業務、企業の体力がついたことにより担保権設定登記の業務もそれぞれ減っているそうだ。
 世の中が便利になる一方で、失われていく仕事があることも忘れないでいたい。そして、新たな市場を見ていきたい。

【役所の情報 宝の山】 11面
 政府や自治体の情報を使い、市民がサービスを創出する「オープンデータ」の動きが広がってきた。地域活性につながると期待される。

 リスクを避ける生粋のお役所体質から抜け出す自治体もあることは、喜ばしい。しかし、まだまだ情報を開示する自治体は多くないのが現状だ。データは溜め込んでいても誰の役にも立たない、できる限り提供すべきだろう。もし役人になったら、積極的にこういった動きに参加していきたい。

【ビットコインに未来はあるか】 9面
 ネット上で手軽に送金や決済ができるビットコイン。その取引所であるマウントゴックスの破綻を受け、その信用は揺れ動いている。

決済の簡易化など良い面もあるが、上記の破綻であったり、国や中央銀行が発行しない通貨であるため、怪しげな印象があることは否めない。もし、やるにしても少額か、余剰資金でやることが望ましい。

【御嶽山の噴火から一年】 春秋 一面
長野県の御嶽山噴火から早くも一年が経った。今後の噴火に備え、命を救うためにあらかじめできることはまだある。

当時、地元の長野県で起きた噴火であるだけに身近なものとして感じた。しかし、一年経つともう忘れかけている。この事件を忘れずに、いかに備え、噴火を始め災害が起きたら素早く避難するかを考えておきたい。

【習得への情熱】
米国でチェスを世界トップレベルまで極めたが、チェスへの情熱が冷め、六年かけて太極拳の世界選手権で優勝した人物(ウェイツキン)の本が出版される。

異色の格闘家の人生を覗いてみたくなった。人生において夢中になれるものを持っている人は何をやっても強いと思った。

初めての投稿で、至らないところもあったかと思いますが、
最後までお読みいただきありがとうございます。

日曜日の日経はいろんな特集が組まれてていいですよね♫

より広い人に見てもらいたいのでブログ投稿します。
タグ:日経
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

-|2015年09月 |2015年10月 ブログトップ
スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。