So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク

#日経新聞より ~面白い!!と思った五記事を~ 2015・9月28日 [日経新聞]

今日の日経からです。

いつも面白い記事ありがとうございます(*´ω`)
日経に就職したいなぁ。

それではスタート↓

【事業承継に思わぬ壁】税金考 1面
国税庁の作る非上場株の価格の計算方法と一月の相続税の引き上げが相まり、事業承継時にかかる税金の額が莫大なものとなっている。事業継続をあきらめる企業も。

明らかな脱税行為などをしておらず、税金を収めるために資金を捻出している場合、そういった事実を考慮して、柔軟な対応はできないのか。企業をつぶすまで税金の取り立てをするのも考え物だ。税金を取る側にしても継続的に税収が入ってきた方が良いと思うのだが。

【サイバー攻撃対策 専門人材を公表へ】3面
経済産業省は2016年秋にも情報セキュリティ国家資格を持つ専門人材を追試験などで増員する見通しだ。さらに、「情報セキュリティスぺシャリスト試験」の合格者のうち講習を受けた者を公表して、そういった人材を企業が採りやすくする。

この試験に合格している人が6万5千人もいたことにまず驚いた。情報を守ることの重要性は、今後ますます高まるだろう。しかし、急造の「スペシャリスト」をたくさん養成しても情報を保護できるかは疑問である。

【契約内容 家族に通知 保険金請求漏れ防ぐ】 5面
大手生命保険各社が契約者の家族にも契約内容を伝える取り組みを充実させ、保険金の請求漏れを防ごうとしている。

通知することで、保険会社としては損をする場合もあるのに、この様な取り組みをしていることは素晴らしいと感じる。ただ、事前に登録した人のみへのサービスなので、このサービス自体の周知が必要だと思った。特に高齢者はネットから情報を得ることが少ないので、戸別訪問をしていく必要があるだろう。

【地域金融 疾病保障、拡充競争に拍車】 5面
地方銀行で個人向けローンにつける疾病保障を手厚くする競争に拍車がかかってきた。教育ローンに癌保障もつけるなど、ユニークな例が多くある。

銀行も他行との差別化を図っていかないと厳しい状況になってきているのだと感じた。長野県の八十二銀行では高齢者宅を訪ねて異変がないかなどの確認を行っているようだが、このようなソフト面の取り組みでの差別化も重要になるだろう。


お読みいただきありがとうございます。

私はこう思ったよーって方は気軽にコメントしてくださいね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

スポンサーリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。